So-net無料ブログ作成

サラリーマンが副業で最短で年収を超える不動産投資法 [読書メモ2019]

『サラリーマンが副業で最短で年収を超える不動産投資法』 孫子大家 2018/10

サラリーマンが副業で 最短で年収を超える不動産投資法

著者はサラリーマン大家。 不動産投資のやり方を教える本。

 不動産賃貸業は多面的な見方があるので、すべての分野(と手法)に精通して、完璧な投資をしている人はいない。
 一度も失敗をせず完璧に成功している大家さんなんてほとんど皆無。 不動産投資は大きな失敗でなければ、いくら失敗したところで、リカバリーして利益を上げることができます。 これを避けるためには最初の物件を小さめに。
 私の不動産事業も数年前から順調ですが、戸建てを買って30%以上の超高利回りで運営する投資法を習得したからです。
 最低でも利回り20%以上で戸建てを購入する基準。 利回り15%というのは、私たちレベルの大家が急いで物件を売却するときの出口の値段。
 年収500万円から1000万円の層は、融資を中心として一棟物件を購入していきます。
 満室物件は融資が出ることが多く、したがって買える人が多くなります。結果として値段が高くなることも多い。
 相場より20%ほど安く買っていれば、ほぼ負けるリスクはありません。
 不動産会社の営業マンにアドバイスを求めてはいけない。
 キャッシュフロー重視(で大きな借金をする)の考え方は、あくまでも一つの手法。 金利が上昇してしまったときなど、すぐに手詰まりになる可能性があります。
 不動産投資で本当に危険なのは、たまたま出会った本、たまたま出合った先輩投資家の話を聞いて、その人の成功した方法のみを信じて猛進すること。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。