So-net無料ブログ作成

アメーバのはなし [読書メモ2018]

『アメーバのはなし』 永宗喜三郎 2018/09

アメーバのはなし: 原生生物・人・感染症

著者は国立感染症研究所寄生動物部第1室室長。 アメーバなど原生生物を紹介する本。

 アメーバは、狭義にはアメーバ門ツブリネア綱に属する生物のことだが、一般には、仮足によって運動する生物(肉質虫類)または細胞。 だいたい1-100μmくらい。 土壌1g中に20万匹もすんでいるといわれる。
 アメーバ運動は(細胞質の)ゾルが細胞の先端部分でゲル化し、さらにそこで収縮することによりゾルが前方へと引っ張られるというのが分子的な実態。 ゲルが収縮する際に重要となるのがアクチンとミオシンというタンパク質。アクチンが重合して形成された繊維の上をミオシンが「ラチェット」のように動くことによりアクチン繊維を滑らせる。筋肉で行なわれているアクチン/ミオシン運動と原理は同じ。
 原生生物であるトキソプラズマに感染したヒトは性格に変化が現れることが統計的に示された。この解析は2014年度イグ・ノーベル賞を受賞している。 トキソプラズマは世界的には全人類の1/3以上に感染している。感染率の高い国は、ブラジル80%以上、フランスやインドネシア50%以上。日本は5-10%くらい。
 トキソプラズマ症を発症するのは主に2つの場合。1つはガンやAIDSなどにより免疫不全に陥ったとき。もう1つは女性が妊娠後に「初めて」感染した場合。胎盤を通じて胎児に移行し、先天性障害を引き起こす可能性がある。このとき妊婦はほとんど症状を示さない。
 アカントアメーバは自然環境中にふつうに存在する。 レジオネラ属菌はアカントアメーバを宿主として増殖することが可能で、結果的に宿主を殺す。このようなアカントアメーバとレジオネラ属菌が共存する場所であれば、屋内、屋外どこでもレジオネラ肺炎の感染源となる可能性がある。国内では浴槽が汚染源になる場合が多く、大型のリゾートスパ施設での集団感染の例もある。
 単細胞の原生生物にも、目のように光を感じる器官がある。眼点と呼ばれる色素からなる単純な構造の目。
 動物の多細胞性の起源で、もっとも支持されている説は、不完全な細胞分裂が繰り返された、というもの。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 [読書メモ2018]

『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』 伊藤公一朗 2017/04

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)

著者はシカゴ大学公共政策大学院助教授。 ビッグデータが存在するだけでは因果関係の見極めはできないという本。

 自分が分析の当事者でない場合にも、「誰かのデータ分析に騙されないために」データ分析の結果を見極める力が重要。 「因果関係の見極め方」においては、データの量が増えても根本的な解決にはならない。
 世の中は怪しいデータ分析結果で溢れている。 怪しい分析結果に基づく単なる相関関係が「あたかも因果関係のように」主張され、気をつけないと読者も頭の中で因果関係だと理解してしまっていることが多い。
 新聞やテレビで主張されていることの多くは、相関関係を誤って解釈して因果関係のごとく示されている。
 ビジネスの現場にしろ政策決定の過程にしろ、物事を決定する際に鍵となるのは多くの場合「因果関係」であり、相関関係ではない。
 因果関係をデータ分析によって明らかにする最良の方法はRCT(ランダム化比較試験)。介入グループと比較グループに分けるという考え方。グループ分けは必ずランダムに。 最大の弱みは、実施にあたって費用・労力・各機関の協力が必要になること。
 RCTが実施できない場合「自然実験」という手法を用いることができる。自然実験とは、あたかも実験が起こったかのような状況を用いて因果関係を分析する手法。 そのひとつがRDデザイン。世の中に存在する「境界線」を上手く使い因果関係を探る。弱みは、測定できるのはあくまでも「境界線付近にいる人」に関してのみということ。
 シリコンバレーでは日常的にRCTを使ったビジネス戦略分析が行なわれている。
 どのようなデータ分析手法にも不完全性や限界があることを認識しておくことが重要。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい [読書メモ2018]

『ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい』 宮崎総一郎 2015/09

ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい

著者は日本睡眠教育機構理事長。 朝食にトリプトファンを含むものを食べなさいという本。

 端的に述べると、朝食でハムエッグ、ツナサンド、バナナ、納豆などトリプトファンを含む食べ物をとることがポイント。
 疲労した脳を回復させるには睡眠以外の方法はない。
 人が眠くなるのは「疲れたから」と「夜になったから(体内時計)」、そして「体温が下がるから」。
 メラトニンは夜に分泌されるホルモンで、その働きによって人間は眠気を感じる。夜に「光を浴びる」とその分泌量が抑えられる。
 メラトニンの原料はトリプトファン。 朝にとったトリプトファンはセロトニンとなって日中の活動を支え、夜はメラトニンとなって質の高い眠りをもたらしてくれる。
 良質な睡眠を得るには、①朝食でタンパク質(トリプトファン) ②日中は太陽の光を浴びて活動 ③夜の照明を少し暗くする。
 勉強した後はできるだけ早く睡眠をとるのが学習効果を高める秘訣。
 ノンレム睡眠時に成長ホルモンが分泌される。 睡眠時間の前半には記憶の整理が行なわれ、後半には運動能力に関する記憶の定着が行なわれる。
 夕食の理想は就寝する3時間前。
 午前2-4時が人間の眠気のピーク。
 筋肉がつけば、より快適な眠りが得られる。
 人と話すと眠気が消える。
 30分以下の昼寝をしている人がもっともアルツハイマーの危険率が低い。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

10月第4週に読んだ本(まとめ) [既読一覧]

『新しい!お金の増やし方の教科書』 篠田尚子 2018/01

『科学のあらゆる疑問に答えます』 ミック・オヘア 2017/01

『PERって何?という人のための投資指標の教科書』 小宮一慶 2018/02

『ずるい勉強法』 佐藤大和 2016/11

『ネットではわからない空き家問題の片づけ方』 大久保恭子 2018/09

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

新しい!お金の増やし方の教科書 [読書メモ2018]

『新しい!お金の増やし方の教科書』 篠田尚子 2018/01

新しい! お金の増やし方の教科書 銀行も証券会社もFPも教えてくれない

著者は楽天証券経済研究所ファンドアナリスト。 (主に投信で)お金を増やす方法・しくみを教える本。

 お金が増えない人の共通点。①公的な保障の全容を把握していない ②節約に躍起になって息切れ ③「給与天引き」を躊躇する ④資産運用の”入口(資金の性格・目的を明確にする)”で怠けてしまう ⑤組み合わせを考えずに特徴のある銘柄に飛びついてしまう。
 資産運用、資産形成において、「平均」や「人気」などの指標は意味がない。(状況は人それぞれだから)
 「増やす」は、証券会社。「守る」は、銀行。
 カギは、次々と新設される「非課税制度」の活用。 株式や投資信託などの投資性金融商品と、非課税制度を組み合わせて取り入れるのが鉄則。
 「預金」と「保険」で、お金を増やそうとしない。 金利がほとんどつかない。
 運用目標は年5%。 毎年約5%ずつリターンを積み上げていけば、初期投資額50万円と、毎月6万円の積立金が、複利で(10年目に)1000万円になる。
 iDeCo、NISAの2大非課税制度を最大限利用すれば、投資信託だけでも着実にお金を増やすことができる。
 投資信託で重要なのは、複数の異なる性格の投資信託を保有し、中長期にわたってリターンを積み上げていくこと。
 FXと不動産投資で実際に成功している人をほとんど見たことがない。
 (iDeCoを含む)確定拠出年金の最大のメリットは、資金の拠出、運用、受取の3段階にわたって税制優遇が受けられるという点。 国民年金の第1号被保険者なら年81.6万円までの掛金が所得控除される。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

科学のあらゆる疑問に答えます [読書メモ2018]

『科学のあらゆる疑問に答えます』 ミック・オヘア 2017/01

科学のあらゆる疑問に答えます

著者は英国の科学雑誌『ニューサイエンティスト』編集者。 英国の科学雑誌の質問コーナーをまとめた本。

 日の出が一番遅い日が冬至からずれる主な原因は、太陽が一番高くなる時刻が変動すること。緯度45度でその振幅は8.8分、周期は6ヶ月。夏至と冬至、春分と秋分には、正午に一番太陽が高くなる。日の出から南中するまでの時間と、そこから日の入りまでの時間は毎日同じ。 振動する原因は、地球の地軸が公転軌道に対して傾いているから。
 日の入りしたように見えるのは、太陽が実際には地平線より約0.5度下に来たとき。原因は大気による屈折。赤道ではこの差は1日当たり約4分。
 摩擦のないチューブで地球の中心を通って反対側に行って戻ってくることができたとすると、往復で90分かかる。地球の周りの低軌道を1周しても、それとまったく同じ時間で済む。
 雨粒は直径約5mmより大きくなると空気抵抗でばらばらになってしまう。 大きい雨粒ほど最大の落下スピード、いわゆる終端速度は速くなる。直径5mmの雨粒で終端速度は秒速約9mで、気温や湿度で多少変わる。
 もし大気の循環がなかったら、酸素は(窒素より重いので)低層に集まる。でもそのプロセスは、大気の循環が止まってから何百万年もかかる。 実際には大気の循環と乱流によって、そのようなことは起こらない。
 シアノバクテリアはいまでも酸素の生産の60%以上を担っている。(残りは植物の光合成)
 そばかすの原因となる遺伝子変異は、赤毛の原因でもある。 スコットランド人の13%は赤毛。
 Q:自分のいびきで目が覚めないのはなぜか? A:いびきがもっともうるさくなるのは、深く眠って一番目を覚ましにくいとき。 ヒトは呼吸音など自分が出す雑音を無視するようにできている。この信号抽出プロセスには独特の副作用があり、それは録音した自分の声を聞くと誰にでも(聞き慣れない音だと)分かる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

PERって何?という人のための投資指標の教科書 [読書メモ2018]

『PERって何?という人のための投資指標の教科書』 小宮一慶 2018/02

図解「PERって何?」という人のための投資指標の教科書

著者は経営コンサルタント。 投資指標や投資の基本について解説する本。

 指標を読むためには、次の5つの点が大事。 ①「定義」を確認する ②「基準」をもつ ③「定点観測」する ④指標と指標を関連づける ⑤「(市場の動きについての)仮説」を立てる
 投資家がまず見るべきなのは企業の「安全性」であり、次に「収益性」と「将来性」を見るのが正しい順番。
 投資スタンスのポイントは、リスクのとれる余裕資金で、経営が安定している優良企業の株を、市場全体の地合い(相場)が下げているときに買い、個人投資家の最大の武器である「時間」を活かし長期保有する。そして、年3%前後の配当利回りも継続的に得ていく。
 金融市場でアマチュアのほうが有利な、たった1つのものは「時間」。
 初心者のうちは、いろいろな金融商品を小額ずつ買ってみて、自分に合う投資を少しずつ見つけていけばいい。
 日本のGDPが伸びないのも、既得権益が規制に守られていることが原因の大きな1つ。
 リーマンショックは100年に1度の「買いどき」だった。
 投資信託を選ぶに当たって、2つの絶対的なルール: ①純資産残高が1000億円未満は買わない ②設定日から3年以内は買わない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ずるい勉強法 [読書メモ2018]

『ずるい勉強法』 佐藤大和 2016/11

ずるい勉強法―――エリートを出し抜くたった1つの方法

著者はレイ法律事務所代表弁護士。 答えを暗記することが効率の良い勉強法であるという本。

 結果を出すためには、成功から学ぶのが近道。 自分でゼロから考えるよりも早く結果を出すことができる。あとは、結果を出しながら、自分のものにしていけばいい。
 効率よく「真似る」ことこそ、結果を出すための最強にして最短のルート。
 最初から無理して理解してはいけない。 繰り返しているうちに、無理をしなくても自然に理解できるようになる。
 ノートは必要ない。 ノートではなく「メモをとる」。要点だけをサッと短い言葉で書くメモは、記憶に残りやすく、また、思い出しやすい。
 「長い時間X勉強量」ではなく、「短い時間X回数X勉強量」。これが暗記の鉄則。
 夜寝る前の5分間に、その日覚えたことを箇条書きにし整理 → 翌日の朝5分間に、昨日覚えたことを、書いた内容を見ずに思い出す。
 結果にこだわるためには、自分の欲求に忠実な大きな目標を持つべき。 100人いたら99人が無理と言うくらいの大きい目標を掲げて進んでいくべき。 常識では考えられないような行動力が生まれたのも、自分の欲求に忠実だったからこそ。
 できることしかやらず、できないことは人に任せる。 自分は得意な分野に集中し、他の分野は人に任せたほうが結果を出せる。
 勉強でも仕事でも「この時間までにやる」「1時間でやる」と、決めてやる。 短い時間で全力疾走する。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ネットではわからない空き家問題の片づけ方 [読書メモ2018]

『ネットではわからない空き家問題の片づけ方』 大久保恭子 2018/09

ネットではわからない 空き家問題の片づけ方

著者は住生活コンサルタント。 家を相続した場合にどのようにしたらよいかをアドバイスする本。

 日本人の50代後半の持ち家率は74%、60代後半は80%。したがって、将来親の家を譲り受けても、子はそこには住まない、という確率が高い。
 誰も住まない親の家を放置しておくと、4つの大きな問題が発生する。①環境悪化 ②不審者の侵入 ③放火 ④倒壊。
 「空家等対策の推進に関する特別措置法」の基本指針で、1年ほうっておくと「空家」とみなされる。すると固定資産税は6倍。
 住んでいなくても税金などで年間50万円以上かかる。 住まない家はどんどん傷み、価値も下がる。放置すると1-2年で使いものにならなくなる。
 親の家は私有財産であると共に、社会的資源でもある。世の中のために有効に利活用されてこそ。
 素人には「売る」が手っ取り早い選択肢。 貸してもいずれ売るはめになる。
 自治体などに「寄付する」という方法は、受け取ってもらえないことが多い。
 売値が数百万円程度と安い家は、不動産会社に売却を依頼しても断られることがある。 そこでおすすめしたいのが、空き家・空地バンク。
 空き家を売却する場合、相続して3年以内であれば、土地・建物の譲渡所得から、空き家の相続人1人あたり3000万円を特別控除できる制度がある(戸建てが対象)。
 リフォームせずに貸せるなら黒字が可能。
 現実の壁とは「相続」「ゴミ屋敷化」「資金不足」「後ろめたさ」。 親が80歳を超え、しかもひとり暮らしであれば、ゴミ屋敷化は確実に進行する。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

10月第3週に読んだ本(まとめ) [既読一覧]

『単位は進化する』 安田正美 2018/08

『世界から戦争がなくならない本当の理由』 池上彰 2015/08

『GRIT』 リンダ・キャプラン・セイラー 2016/11

『火星の科学』 藤井旭 2018/07

『肝臓病』 泉並木 2018/07

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。